近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クリス・ベノワが逝った……
クリス・ベノワが亡くなりました。

それを知ったのは、ヤフーのトップページに表示されたのを偶然見たのがきっかけだったのですが、どうしてベノワが亡くなることがあるのだろうかと、その時は我が眼を疑いました。

もちろん彼を知る人にとっては言うまでもないことですが、自分の身体を顧みないような非常に激しいファイトをしていて、頭からダイブしていったり、凶器に身を晒したりすることも度々あったので、あるいはその打ち所が悪くて、目を覚ますことなくそのまま逝ってしまったのだろうかとも想像しましたが、現地のニュースなども探っていくと、どうやらそういうことではなくて、自宅で銃によって亡くなったとのこと。

しかも、妻と息子も同じく銃殺されていたとのことで、何が何だかさっぱり分かりません。

ただ、これがタチの悪い「アングル」ということでなければ、もう彼のジャーマンや、シャープシューター、クロスフェイスを見ることができなくなったということは確かです。

そう思うと、先日見たばかりの日本の放送は、現地から3週遅れで放送されているので、当然のことながらベノワも普通に動き回っており、それを見ても全く何も感じませんでしたし、先程改めて見返してみても、やはりこの3週間後に亡くなるような人にはとても見えず、未だに変な感じがします。

恐らく、WWEは放送予定を変更して、エディ・ゲレロが亡くなった時のような番組を作ることになるのでしょうが、正直に言って見るのが辛いです。

彼といろいろな意味で縁の深かったミステリオやチャボがどんな顔をして現れるのだろうかと思うだけで、何かやるせなくなります。

私はかつて、「スマックダウン愚見」というのをこのブログで書いていたのですが、好きだったエディ・ゲレロが亡くなり、カート・アングルが去り、JBLが解説に転向するなど、注目していた選手が次々とWWEのリングを離れていったことで、書く気力が無くなってしまい、見ることだけになっていました。

そしてまた一人、好きだったレスラーがこんな形でいなくなってしまったことで、見ることさえも止めてしまうことになるかもしれません。

謹んでご冥福をお祈りします。願わくは、天国でエディと再会できんことを。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。