近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
20060722-スマックダウン愚見
前回のことを考えると、ゲレロの手法にはめられてWH王座を獲得できなかったヘンリーが最初に出てくることは容易に想像できたが、案の定不機嫌この上なしという感じでリング上にマイクを持った状態で番組が始まった。

当然、チャボのせいで王座を獲得できなかったことに憤っていろいろと文句を言っていたのだが、そこに挑発に乗ってチャボが登場。

ゲレロ家の文句に腹を立てて、リングに駆け込んだチャボだが、体格の差、パワーの差は歴然で、すぐに撃沈。さらに助けに来たミステリオも返り討ちにしたヘンリーは、満足そうにリングを降りた。

冒頭がこれだったので、今回はミステリオの試合はなし。

これがバティスタなら試合もやりそうなものなのだが……。

荒れた雰囲気で始まった今回の最初の試合は、前回のグレート・カリ戦で仲違いしたメキシクールズの片割れクレイジーとヘルムスのクルーザー級王座を巡る試合。

当初は互角の展開で、クレイジーが優位に立つ場面もあったが、もう一人のメキシクールズのシコシスが乱入し、ノーコンテストになってしまった。

この辺りについては、前回からの流れを引き継いだもので、むしろこの二人の試合が組まれていなかったことで、こういう展開になるのではないかという予想が立ったくらいである。

今後もこの抗争は続くのだろうが、それが終わったら、最初3人いたメキシクールズが2人になったように、どちらか、あるいは双方が消えてしまいそうで……。

次の試合は、キッド・キャッシュとジェイミー・ノーブルで新しくタッグを組んだピットブルズが登場。

実を言うと、私はこのノーブルの動きが好きで、一時期解雇されていて残念だったのだが(日本に来ていたらしい)、再び戻ってきてこうしてスマックダウンに出てこられるようになって、密かに喜んでいる。

今回の試合もあっさり勝ち、恐らくMNM消滅後手薄になったタッグ戦線で、ロンドン&ケンドリック組と抗争を繰り広げるようになるのだろう。今後に期待である。

続くフィンレーとマットの試合では、リング下から出てくるリトル・バスタードとか言う気味の悪い奴が今回も現れた。

ただ、今回はいつもと違い、どういう訳か解説のJBLに媚びてビール缶を渡すなど、新たな動きも見せ始めた(飲んで良いのか悪いのか、迷っていたJBLの姿が微笑ましかった)。

最初から訳の分からないストーリーラインだが、いつの間にかフェードアウトするまで、こういう状態が続くのだろう。

訳の分からないストーリーラインと言えば、ヴィトーの女装だが、今回は試合の前に、ドレスや下着の買い出しをする場面をカメラが追いかけていた。

一般客が驚く表情や、見てはならないものを見たような何とも言えない顔を撮るのが目的だったのだろうが……もし私が身近にあんなのを見つけたら、目を合わせずにその場から逃げ去るだろう。

テレビを通して見るから面白いが、はっきり言って怖い(笑)。

肝心の試合の方も、ヴィトーが力強さを見せながらもふざけた戦い方をして、サイモンを封殺。

こちらも、いつまで続くのだろうか。


最後は、ブッカー対ラシュリーのUS王座を賭けたケージマッチ(解説のJBLが自慢していたが、確かに彼はこの試合を数多くこなしていたし、負けたところも見ていない)。

金網の中で行われる理由は、「廷臣」の妨害を防ぐためということだったのだが、その理由に全く根拠がなかったことがすぐに明らかになった。

今まで何度かこの形式の試合は見てきているが、ドアから外に出ようとするラシュリーをドアを閉じることで妨害したり、金網をよじ登って外に出ようとしても、網の隙間から棍棒などで邪魔をしたりと、隔離されているはずのこの形式で、今回ほど外部からの横やりが入った試合は見たことが無かったような気がする。

それでも最終的には「廷臣」達の隙をついて金網を越えたラシュリーが勝利。

この辺り、さじ加減ひとつじゃないか、と思う気持ちも無くはないが、とりあえず、少なくとも次のPPVまでこの抗争は続きそうである。

防衛に成功し、高々とラシュリーがベルトを掲げているところで、番組も終わった。


基本的に今回は目新しいものはなく、これまでの流れに沿った話を発展させたような感じだったが、常に何か新しいことをしなければならない、ということはないので、こう言うのも良いと思う。

いよいよ次回はバティスタが登場するとのこと。ECW誕生などで、層が薄くなっていたスマックダウンにとっては久しぶりの朗報である。

最初はヘンリー辺りとの絡み、いずれはWH王座戦線に向かうと思うが、こちらについても注視していきたい。
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。