近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エディ・ゲレロの思い出
私がエディ・ゲレロを見ていた期間は、38年の生涯の中でたったの1年半にすぎません。

そんな短い期間の中で、最も印象に残っているのは、見始めてまだ間もない頃、エディがWWE王座から陥落した後、JBLと金網の中で戦った試合での一場面です。
この試合形式での勝利は、普通の試合のようにフォールやタップを奪う他に、金網の外に出るというのがあるのですが、エディは外に出られるチャンスがあったにもかかわらず、通常2mもないリングポストの上から放つ必殺技であるフロッグスプラッシュを、4.6mの高さからリングの中にいるJBLに見舞ったのです。

まだ、プロレスというものをよく分かっていなかった私は(笑)、この時「なんで外に出ぇへんねん」と、関西弁丸出しで一人テレビに向かってつっこんでしまったのですが、同時にあの高さから飛べるエディは何てすごい奴なんだと、この時彼の凄さを再認識したのです。

試合の結果は当時GMだったカート・アングルの介入でJBLの勝利に終わったのですが、私の目には明らかにエディの方が優っていたと思いますし、今もその感想に変わりはありません。

思えば、最近「サムライの日々」というブログで書いている「スマックダウン愚見」の方では辛口の批評を書く機会が増えていますが、見始めた頃にこんなすごいものを見せられていたのですから、ついつい厳しいことを書いてしまうのも仕方がないのかも知れません。

そんな彼の超一流のレスリングとパフォーマンスがもう見られないと思うと、本当に残念でなりません。
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。