近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
武豊はやっぱりすごい!
競馬場に行って久しぶりに感動しました。

これまで競馬場で感動したのは、5馬身差をつけて圧勝したタイキシャトルを見た時と、初めて単勝一点勝負で馬券を獲ったデュランダルが勝利した時、そして牝馬三冠を達成したスティルインラブの時の3度ありますが、今回のディープインパクトの三冠達成はそれらを超越しました。
超越していたと感じさせてくれたのは、競馬場内の空気の一体感がこれまでに感じたことがないようなものだったことにあり、まさに京都競馬場に来ている人間一人一人が全てディープインパクトの三冠達成を願っていると言う雰囲気が出来上がっていたことにあります。

それにしても、こんな雰囲気の中で、かかってしまったディープインパクトをなだめながら走った武豊という男の凄さ。

一瞬でも負けるのではないかと思った自分が情けない。

恐らく、武豊が超一流騎手であり続けている最大の理由は、レース中に「もしかしたら負けるかもしれない」と思わないことにあるのではないでしょうか。

そうでなければ、最後の直線を向いた時に大きく引き離され、しかも道中でかかった分だけ、前を行く馬よりスタミナを消耗しているかもしれない愛馬をあそこまで信じて乗ることは出来ないでしょう。

確かに、ディープインパクトが強いのは当然としても、そんな馬を負けさせない騎乗が出来る武豊はやはり当代きっての名ジョッキーであると、改めて思い知らされました。
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。