近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
無敗の三冠馬は生まれるのか
ここまで順調に来たディープインパクトの菊花賞での枠順が4枠7番に決まりました。

はっきり言って、3000mの長丁場で、しかも出遅れが当たり前のようなこの馬にとっては、どの枠に入ろうが関係はないのですが、とりあえずなかなかの枠を引いたと言えそうです。
ところで、無敗で三冠馬になった馬としては、過去にシンボリルドルフがいますが、そこまで遡らずとも、無敗で菊花賞に「臨んだ」馬はいます。

その馬の名はミホノブルボン。

故戸山師の坂路調教によって鍛え上げられた彼もまた、脚質はディープインパクトと正反対ではありましたが、無敗の三冠馬が誕生するかもしれないという期待をファンに持たせてくれた点では、何ら変わらない馬でした。

しかし、彼は菊花賞で2着に敗れ、夢は潰えました。

原因としては、彼を破ったライスシャワーが生粋のステイヤーであったことが挙げられますが、もう一つは、逃げ馬であった彼に逃げさせなかった、つまり彼の前でレースを進めたキョウエイボーガンという馬の存在が、彼の心を乱したことにありました。

このような例があるので、ディープインパクトが勝つだろうとは思いつつも発表された馬柱を注意深く見ていたら、今回は長距離実績のある馬もおらず、逃げ馬らしき逃げ馬も見当たらずで、どうやら外的要因によるディープインパクトの敗北はなさそうです。

となると、怖いのは故障くらいですが、これについてはやってみなければ分からないので、現時点ではまずないだろうとしか言えませんので、考えません!

ともかく、明後日には全てが明らかになります。その時まで、期待を膨らませて待ちましょう。

騎乗する武豊騎手も自分のホームページで『何年か、何十年か先に、「あのとき、ナマでディープインパクトを見た」と自慢できる』と言っているのですから。
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。