近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆プレーイングマネージャー◆◇◆
球界一の捕手として名高い古田選手ですが、来年は現役選手でありながら、ヤクルトを率いる監督、いわゆるプレーイングマネージャーになることが正式に決まりました。
彼の実績や頭脳を考えれば、かなり前の段階でいずれは監督になるだろうとは思っていましたが、現役を続けつつ監督をするということはあまり考えていなかったので、この話が最初に出た時、私は選手を引退すると同時に監督になるのではないかと考えていました。

しかし、実際には選手兼監督となったわけで、来年どのようなことになるのかについては、未知数のところが多々ありますが、古田選手自身の人気や、グラウンドに立つ者にしか分からない感覚をフィードバックした采配などで、話題性にも事欠かないという点をふまえると、このような形をとることは、球団にとってメリットがあるとは言えそうです。

気がかりなのは、コーチ陣などとの人間関係や、監督という激務のために、打者として一流の証である2000本安打を放った選手としての能力を発揮できなくなることです。

もちろん、古田選手もそのようなことを考慮した上で引き受けたはずなので、自分なりに解決する方法は見いだしているとは思うのですが、それでも1軍の試合で活躍する選手であるためには監督業というのは足枷以外の何者でもないような気がするのです。

そんな、困難な道に足を踏み入れる古田プレーイングマネージャーとヤクルトには、ファンでなくても野球に興味があるなら、今から注目しておく必要がありそうです。


スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。