近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『関ヶ原』
司馬遼太郎が書いた作品は改めて言うまでもないことですが、数多くあります。

『坂の上の雲』、『翔ぶが如く』、『国盗り物語』、そして来年の大河ドラマ『功名が辻』などなど、そのどれもが膨大な資料と独特な視点に基づいて構成され、没して後も書店でかなりの場所が彼の作品に割かれていることは皆さんもご承知のことと思います。

それら数ある作品の中で、私がおすすめしたいのは『関ヶ原』です。



関ヶ原の戦いは、周知の通り日本の歴史に大きな影響を与えた、まさに天下分け目の戦いですが、この『関ヶ原』はタイトルの通り、どちらか片方からの視点というわけではなく、東軍(特に徳川家康・本多正信)、西軍(特に石田三成)双方がこの戦いにどのようにして臨んだかという点を中心に物語が展開していきます。

そして、クライマックスの合戦シーンでは、当初の西軍有利の場面から小早川秀秋寝返りによる西軍総崩れの場面まで一気に読み進めさせられ、気づいたら戦闘が終わっているという所まで持って行ってくれる力強さがあります。

歴史を知らず勉強したいという人には、一つの出来事の中に様々な人間模様があることを垣間見させてくれて面白く、また歴史好きな人にとっても、登場人物の中の誰かに感情移入できるので、読み物として満足出来るこの作品。

まだ読んだことがない人は、是非読んで下さい。

一流の本で歴史に触れる、これに勝る勉強はありません。

スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。