近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆こんな食べ方いかが?【モッツァレラ】◆◇◆
久しぶりにチーズコーナーの復活です。

現在までフランス産の白カビチーズを紹介してきましたが、今回は少し変わってフレッシュタイプと呼ばれるチーズを紹介します。

フレッシュタイプとは、出来て間もない非熟成のチーズのことを指します。

わかりやすく言うと、牛乳を固めたものが「ヨーグルト」で、そこから水分を取り除いたものが、このフレッシュチーズとなる訳です。


そんなフレッシュタイプのチーズの代表格が、下の写真のモッツァレラチーズです。



このチーズはピザなどにも用いられるのですが、イタリア料理の店などで「トマトとモッツァレラチーズのサラダ」のような感じで、スライスされたトマトとともに食べる機会も多いのではないかと思います。

ただ、この食べ方ももちろんおいしいのですが、日本人である私たちにとっては、もっとおいしい食べ方があります。

それは、もともと丸い固まりのモッツァレラチーズを刺身のようにやや厚みを持たせつつ切って、味の素を軽く振りかけた後、醤油につける食べ方です。

モッツァレラチーズ自体が持つ牛乳の風味に醤油の塩分、そして味の素の旨味が加わって、何とも言えない味と香りが口の中に広がるのです。

これは、自分の舌で味わってもらうしかないのですが、醤油文化に慣れ親しんでいる日本人なら、試してみて損はないと思います。

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!


スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
商品内容<酪恵舎チーズ> モッツァレラ 140~150gこの商品の楽しみ方酪恵舎イチオシのフレッシュチーズ。ピッツァやサラダはもちろん、わさび醤油でも美味しい!毎週木曜、工房ではモッツァレラが作られます。1つ1つ、丁寧に手で練られ、ちぎられ、大切に梱包され
2007/08/16(木) 12:29:10 | フレッシュチーズの極意
「ドイツのモッツァレラ」とも呼ばれるチーズで、いわゆる一般に「プロセスチーズ」と呼ばれるチーズの味がします。オランダの「ゴーダ」も熟成期間の短い物はちょっと似たような味だと思いました。日本で最もポピュラーなチーズのひとつといえば恐らく「ゴーダ」でしょうが
2007/09/06(木) 09:47:27 | フレッシュチーズの極意



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。