近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆大艦巨砲主義の狭間で◆◇◆
落合、広沢、ハウエル、清原、石井、江藤、マルティネス。

長嶋監督になってから、巨人が他球団より獲得した4番打者の名前を思い浮かべて書きました。

加えて、毎年のドラフトにおいても、長打力のある選手が続々と入団し、監督交代後の数年で、巨人の性格は大きく様変わりしていったのです。
こうなると、厳しいのは川相選手のような、小技によってチームに貢献する選手です。

前回も書いた通り、選手を起用する監督自身がこのような野球に魅力を感じておらず、しかもフロントは若い選手を獲って、ショートのポジションを常に競争状態にする。

実際にプレーする選手にとって、これほど緊張を強いられる状況はそうはないでしょう。

しかし、そのような中でも、川相選手はケガをしていた時期を除いて、何とかレギュラーで居続けました。

日頃の弛まぬ努力がこの結果を呼び込んだのです。

ただ、そんな川相選手も、年齢からくる身体の衰えには逆らうことができませんでした。

つづく
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。