近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆マクドナルドの使い方(2)◆◇◆
<前回中途半端な所で終わってしまったので、続けて見て頂けると幸いです>


トレーに乗っている紙を裏返すと、そこには「マクドナルド*食品標準成分表」がビッシリと書かれていました。

思わず、食べたばかりのマックチキンのカロリーを見ると、391カロリーという結構高めの数字が目に飛び込んできました。


コショウがきいていて味はなかなか良かったのですが、この数字を見た直後、少し自責の念が生まれていました。

しかしよくよく考えてみると、そこそこ空腹感が満たされて、391カロリーで済むのならそれほどの高カロリーではないのではないか、そして、別の項目を見ると、ビタミンAやミネラルなどもそれなりに含まれていて、一日に何個も食べるようなことがなければ、身体には全くと言っていいほど問題がないのではないかと思えるようになりました。

となると、先入観のあるマクドナルドを上手く使えば、ダイエットに用いることができるのでは、などという考えまで生まれてきました。

その方法は、昼食にマクドナルドのチーズバーガー(296カロリーで成分的にもカルシウムなどが豊富)を食べることです。

もともとダイエットの大敵であるはずのファーストフードを食べることで、そのカロリーを消費しようと運動に身が入るようになり、しかも実際は思っているほどカロリーを摂取していないということで、上手くいけば、大した苦労もせずに痩せられるように思われるのです。

もちろん前提はマクドナルドが好きということですが、こうすれば挫折しがちなダイエットも続けることができるようになるのではないでしょうか。

実際に試したわけではないので保証はできませんが、少しでも感化された方がいれば試してみて下さい。


最後に、何かの本で一流の人間はファーストフードを食べていてはいけないというような事が書かれていたのを読んだことがあるのですが、自分としてはその意見には賛同しかねるということだけ書いておいて、今回は終わっておきたいと思います。
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。