近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆やっぱり【カマンベール】◆◇◆
前回最も食べやすいチーズとして、サンタンドレを紹介しました。

ただ、やはり聞き慣れないチーズに手を出すというのには抵抗があるという方もおられることでしょう。

そこで、知名度があって日本人の口に合うという点で考えて、カマンベールをおすすめしておきたいと思います。

しかし、そのように書くと、カマンベールなんてそこら辺のスーパーでも売ってるし、今までに何度も食べたことがあるよ、と言う声が聞こえてきそうです。

でも、そのカマンベールは本物のカマンベールでしょうか?
カマンベールの名前が付いたチーズは数多く売られていますが、そもそもの原産地であるフランスにおいて、本物のカマンベールには、AOC(Appelation d‘Origine Controlee=原産地呼称統制)というマークが付いています。

このマークは、伝統のチーズの味を守るために作られたもので、カマンベールの場合は、フランス北部のノルマンディ地方の牛のミルクを使って作られたものだけに付けられているのです。

つまり、本物のカマンベールはノルマンディ地方でしか作れないことになっており、正式名称は「カマンベール・ド・ノルマンディ」なのです。

その味や香りは、普通に売られているカマンベールに比べると、最初はきつく感じるかもしれませんが、その後は普通のカマンベールでは味気なく感じてしまうことでしょう。

ただ、賞味期限に近付いたものは熟成も進み、チーズの初心者(?)には様々な面で、厳しく感じられると思いますので、取りあえず早めに食べきることをおすすめします(「厳しい」の意味を知りたい方はお試し下さい!)。




本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
近所で見かけた美味しいカマンベールの食べ方を紹介しています。
よかったらのぞいてみてください。
2005/07/04(月) 06:53:43 | URL | ユウタ #LXnB2giw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、よく飲みに行くお店があります。 それは浦安駅近くの浦安サンホテルのそばにあるZaZanというお店。 最初は同じ浦安に住む友達に連れて行ってもらったのですが、 ちょっとお洒落で、料理も美味しくてすぐにお気に入りになっちゃいました。 浦安サンホテルにお泊りで、
2005/07/04(月) 07:04:55 | ディズニーリゾート周辺情報



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。