近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆最も食べやすいチーズ【サンタンドレ】◆◇◆
東南アジアで植民地支配を行っていた西欧列強を日本が追い出していた頃、勝利によって得た戦利品の中にチーズがあったそうです。

物資に乏しい日本にとっては、保存の利くチーズは願ってもない食料。当然、兵隊たちの胃袋に収まったはず。

ところが
残念なことに、当時の日本人にはチーズは馴染みの薄い食べ物だったため、腐った石けんと勘違いされて捨てられてしまったそうなのです。

「あーあ、もったいないことをして」というのは、チーズを食べ物だと知っている現代の日本人の発想であって、チーズを食べる文化が狭い範囲に限られていた当時では、やはり臭いのきつい石けんのようなものを食すというのは難しかったことでしょう。

とは言うものの、現代でも日本人にとってチーズは好き嫌いの激しい食べ物の一つ。

特にヨーロッパから輸入されるようなチーズはクセもあって、見るのも嫌という人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんな人たちでも間違いなく食べられると言えるチーズが一つだけあります。

それが下の写真のサンタンドレ。










白カビに包まれた中身は濃厚なクリームそのもの。クセも全くなく、普通のスーパーで売られているようなチーズとはまるで別物。

極端に言って、このチーズが駄目なら、他のチーズは食べられないと言っても決して過言ではないでしょう。

サンタンドレという名前を初めて聞いた人や、まだ食べたことがない人がいれば、すぐにでも舌の上に乗せて、とろけていく感覚を楽しんで頂きたいと思います。

この味を知れば、あなたのチーズに対する見方は大きく変わることでしょう。

本当に美味しいチーズとは、【ナチュラルチーズ専門店】にしかありません!

スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨日は、月に一度の恒例の≪チーズ&ワインの会≫に行って来ました♪日本ではなかなか手に入らない珍しいチーズと、専門店に行けば手に入る可能性のある高級チーズを、毎回5種類ずつ味わいながら、専門家の人がそのチーズの説明をしてくれます。その後は、フランス料理のフル
2005/06/22(水) 00:51:59 | グルメOLの頑張らないダイエット!



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。