近年の一極集中的ブームの影響などで、見つけづらくなった一流の人や物などを掘り起こしていきます。 もちろんリンクフリーです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
◆◇◆他人の不幸を自分の幸運に◆◇◆
プロスポーツの世界ではいろいろなことが起こります。

大逆転や感動的な結末、珍プレーなどなど、人によって様々なものが思い浮かぶと思います。

しかし、人間が持つ能力の限界ギリギリの所で行われるプロスポーツの場合、どうしても切っても切り離せないものがあります。
それが怪我です。

どんなに良い選手でも、どんなに調子が良くても、突如襲いかかってくるのが怪我。

怪我の恐ろしさは、自分の持てる力を発揮できなくなると言うこともありますが、それ以上に怪我を負った選手にとって恐ろしいことは、自分の代わりに入った選手が活躍することではないでしょうか。

前回、巨人の内野陣は錚々たるメンバーによって固められていると書きました。

しかし、川相選手が2年目に入った春、レギュラーの一人でショートを守っていた河埜選手が負傷し、試合に出られなくなってしまいました。

そして、お呼びが掛かればいつでも出て行けるように努力を続け、2軍で大活躍していた川相選手は、河埜選手の穴を埋めるべく、早くも1軍に登録されたのです。

このような他人に起きた不幸を自分の幸運にすることができるかどうか。

一流になるまでの早い段階においては、このことはかなり大きな要素であることは間違いありません。

ただ、残念なことに、この時の川相選手にはまだレギュラーに定着するための何かが欠けていました。

そのため、河埜選手にとっての不幸を自らの幸運にすることは完全にはできなかったのです。

一流になるまでの道程は険しいといったところでしょうか。

つづく
スポンサーサイト


ついでに人気blogランキングへ投票お願いします!

よろしければこちらのFC2ブログランキングにも投票を!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



↑このクリックが一流への分岐点?

  


よろしければ、またお越し下さい →


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。